住まいの環境デザイン・アワード2010−人と環境と住空間デザインの真の融合をめざして−

グランプリ

上白原の家

設計:山本 一晃/リブ建築設計事務所
施工:堀田組

写真

DATA

所在地 : 大阪府岸和田市
家族構成 : 母+息子
敷地面積 : 809.38m2
建築面積 : 152.59m2
延床面積 : 162.49m2
構造・階数 : S造、地上2階
完成 : 2008年6月

築60年ほどの農家の母屋を、単身の高齢者の暮らし方に見合うコンパクトな家に建て替えた。畑仕事や近所の人たちとの団欒を楽しむ土間をアトリウムのようにつくっている。近隣の竹や、古い織物、旧母屋の柱などを、美しく「古びる」素材として生かしている。

選評

山間部ならではの自然環境になじむ建築と暮らしとを生み出している。素材の使い方も含め、「オーガニック・アーキテクチュア」と言えるもので、日本らしい低炭素型の住宅だと思う。

全体講評

photo澤井 聖一
株式会社エクスナレッジ代表取締役社長

今年は、リノベーションのほか、多世帯同居型の住宅も増えた。単一家族でも、家族間の距離の取り方が難しい時代に、多世帯ではどうなるのかと関心を抱いて見たが、残念ながら妙案を示す作品はなく、今後に期待したい。

写真

写真=松村芳治

ウィンドウを閉じる