住まいの環境デザイン・アワード2010−人と環境と住空間デザインの真の融合をめざして−

グランプリ

小網町の家

設計:谷尻 誠/SUPPOSE DESIGN OFFICE
施工:野村建設

写真

DATA

所在地 : 広島市中区
家族構成 : 夫婦+子ども3人
敷地面積 : 102.86m2
建築面積 : 62.80m2
延床面積 : 121.97m2
構造・階数 : RC造、地上2階
完成 : 2009年7月
設備 : エコジョーズ

庭と部屋と等価に扱う「庭部屋」という概念のもと、細長い建物の内部に、ガラス張りの庭のような部屋と、部屋とが反復するプランを考案。密集地の狭い敷地ながら、どの部屋にも採光と通風を確保しており、1階では夏のエアコンがいらないほどだという。

選評

庭を内部に持ち込むという空間構成の工夫によって、周囲の環境に左右されることなく、内と外を融和した、柔らかく心地よい空間が広がる。豊かな暮らしの「物語」が生まれる可能性を感じた。

全体講評

photo鈴木 康之
SUMAI no SEKKEI
編集長

設計者によって「環境デザイン」の解の導き出し方は、回を追うごとに深くかつ広がりを見せている。しかし都市の密集地という、厳しい環境の中で、家族のために「どう環境をデザインするか?」という解が少なかった。次回の楽しみとしたい。

写真

写真=矢野紀行/Nacasa & Partners

ウィンドウを閉じる