2013 優秀家づくり賞

土間で暮らす 合宿所の様な家

設計:横川 修一/ミライエホーム
施工:ミライエホーム

DATA

所在地:札幌市北区
家族構成:母+夫婦+子ども2人
敷地面積:210.42m2
建築面積:78.29m2
延床面積:127.27m2
構造・階数:木造、地上2階
完成:2011年4月
主な設備:エコジョーズ、ガス温水床暖房

家族のライフスタイルに合わせて、1階は靴を履いたまま過ごせる土間をつくり、合宿所のような雰囲気で暮らせるようにした2世帯住宅。土間全体に床暖房を設置したほか、温度の微調整も兼ねて薪ストーブも設けた。プライバシーに配慮して南面開口は低く抑えた代わりに、吹き抜けから採光する。

審査講評

面倒くさがりという家族に対して土間を提案した家づくりの楽しさが感じられた。建物の南面は普通、開放したいが、隣家が近いことから視線レベルだけは壁にして、吹き抜けから明かりを採った発想もよかった。応募資料も、シンプルだが、家づくりのポイントを端的に伝える内容で好感が持てた。

Photo:ミライエホーム


おいしそうな家

設計:齊藤 元彦+牧島 美玲/トトモニ
施工:トトモニ

都市の小住宅で、北側道路からセットバックして建物を配置。アプローチを広くとり、日常的に接することができるようにした庭は、街並みの風景にも寄与している。建物は外張り断熱で高い環境性能を確保。夏、基礎の換気口から採り入れる外気を、小屋裏から抜く負荷低減手法も利用している。

審査講評

小住宅では普通、道路いっぱいに建物を計画するが、道路側に庭を取った点は評価したい。性能面でも、熱の動きをよく理解して設計されている印象を受けた。家を見た建て主が、思わず「おいしそう」と言ったところに家づくりの本質があり、コストや性能を超えた価値が生み出されている。

DATA

所在地:東京都国分寺市
家族構成:夫婦+子ども2人
敷地面積:107.08m2
建築面積:39.80m2
延床面積:81.97m2
構造・階数:木造、地上2階
完成:2012年5月

Photo:高木 信行


通り土間のあるイエ

設計:赤土 誉/赤土建設
施工:赤土建設

鉄道高架橋に沿った南北に細長い敷地に建つ小住宅。緩衝空間として西側に設けた通り土間で、各空間がつながれている。オープンな外構と連続した通り土間は、近隣住民との交流の場にもなっている。内部では自然素材を多用。建て主にも施工に加わってもらい、愛着の持たれる家を目指した。

審査講評

厳しい周辺環境に対して、適切な位置に明るい吹き抜けを設け、日中は照明なしで過ごせる開放的な住空間にしている。昼間に照明が必要な暮らしは、これからの時代は好ましくない。この会社のホームページを見ると、いろいろなタイプの家をつくっており、一件ずつ丁寧に取り組む姿勢が読み取れた。

DATA

所在地:和歌山県海南市
家族構成:夫婦+子ども1人
敷地面積:153.04m2
建築面積:68.12m2
延床面積:102.57m2
構造・階数:木造、地上2階
完成:2012年4月
主な設備:エコジョーズ

Photo:赤土 誉


ウィンドウを閉じる