2015 暮らしデザイン部門 モダンリビング賞

森音テラス

設計:谷尻誠+吉田愛/ suppose design office
施工:醍醐建設

DATA

所在地:東京都世田谷区
家族構成:夫婦+子ども1人(想定)
敷地面積:663.26m2
建築面積:140.39m2
延床面積:628.14m2
構造・階数:鉄筋コンクリート造、地下2階・地上2階
完成:2012年10月
主な設備:エコジョーズ、ガス温水床暖房、太陽光発電

都会に残る貴重な渓谷の自然を暮らしに溶け込ませた集合住宅。斜面地に建物を埋め込み、縁側のような全面開口のインナーテラスを介して奥のリビングにまで、渓谷の自然を取り込む。渓谷の緑に響くせせらぎの水音や鳥のさえずりが、日常生活を彩る空間をつくり出している。

審査講評

和の建築の利点とも言える、縁側、引き戸的な存在とともに、地中や太陽光発電も採り入れ、パッシブとアクティブを共存させている。都市の自然との共生のなかで生まれる空間に、暮らしの豊かさが感じられる。

photo:矢野紀行


ウィンドウを閉じる