優秀賞

縁屋

設計:鈴木淳史/鈴木淳史建築設計事務所
施工:前川建設

東京近郊に農地を持つ建て主が、将来の資産相続も踏まえて計画した賃貸住宅。真ん中のオーナー邸と、両側の賃貸住戸に分棟化された建物を、深い軒下を巡る廊下がつなぐ。 周辺の戸建て住宅地に近いスケール感や、住人の交流を生む空間構成などが評価された。

DATA

所在地:埼玉県富士見市
敷地面積:498.02m2
建築面積:270.55m2
延床面積:453.51m2
住戸面積:40.54~41.34m2(賃貸6戸)、
98.54m2(オーナー住戸)
構造・階数:木造、地上2階
完成:2015年3月
主な設備:エコジョーズ、浴室暖房乾燥機

Photo/安川千秋


盆栽町の家

設計:髙橋博朗 + 髙橋彰子/enne
施工:深澤工務店

敷地の四隅に性格が異なる4つの庭をつくり、建物を十字型に配置。 各部屋は螺旋状のスキップフロアで、適度に離れつつ連続している。審査では、循環ファンなどによる快適な温熱環境の確保が、プラン構成と一体で考慮されている点などが評価された。

DATA

所在地:さいたま市北区
敷地面積:168.56m2
建築面積:65.51m2
延床面積:128.27m2
構造・階数:木造、地上2階
完成:2014年9月
主な設備:太陽光発電、エコジョーズ

Photo/日暮雄一


ヨシナガヤ

設計:吉永規夫 + 吉永京子/Office for Environment Architecture
施工:N.P.O

築80年近い2軒長屋の1軒を全面改修して若い夫婦が暮らす。間仕切りや天井を取り払ってワンルーム空間とし、隣室との界壁には遮音と断熱を兼ねた本棚を設けた。隣室に長く住む高齢の単身者との交流も大切にした最小限の改修や、大阪市内に今の多く残る長屋の再生・活用を進める設計者の取り組みなどが審査員の好感を得た。

DATA

所在地:大阪市平野区
敷地面積:84m2
建築面積:56m2
延床面積:56m2
構造・階数:木造、地上1階
完成(改修)年月:2014年11月
主な設備:エコジョーズ

Photo/中村寛史


ウィンドウを閉じる