2018 グランプリ

庭のあるシェアハウス

設計:諸江一紀/諸江一紀建築設計事務所+鈴木崇真/鈴木崇真建築設計事務所
施工:前田工務店

名古屋市中心部に近い街中に立つ21室のシェアハウス。建物のボリュームを分割し、周囲の戸建て住宅と調和する勾配屋根を載せている。各室は、建物中央のLDKから適度な距離をおき、外壁の凹凸に沿って配置されている。1階の各室には小さな庭があり、さらに南隣に立つ既存のシェアハウスとも庭を共有する。LDKと各室との間の中間領域を始め、過ごしやすい様々な居場所があることや、プランを生かした採光、さりげなく暮らす住人の様子など、設計の意図が高いレベルで実現されている点が高く評価された。

DATA

所在地:愛知県名古屋市
家族構成:入居者数21人
面積(単位 m2):敷地 557.06 建築 251.83 延床 479.42
構造:木造
階数:地上2階
完成:2017年1月
主な設備:エコジョーズ、コンロ、給湯器
Photo:谷川ヒロシ


ウィンドウを閉じる