2019 ビルダー・工務店賞

MEP(Masahide EightGrid Passive House)

設計:(基本設計)南 雄三 (実施設計)徐 裕晃/杉坂建築事務所
施工:杉坂建築事務所

地場材を使い、在来木造軸組構法でつくる8畳グリッドをつなげて構成した住宅。6畳間と組み合わせた2畳分の縁側や出窓を活用してパッシブデザインを実現。日本の地場産業としての家づくりのモデルを提案している。

DATA

所在地:埼玉県飯能市 家族構成:単身者
面積(敷地/建築/延床):168.00m2/56.23m2/97.62m2
構造:木造 階数:地上2階 完成:2016年3月
主な設備:エコジョーズ

2019 受賞作品紹介の一覧へ戻る