2011 環境デザイン優秀賞

バルサミオ邸

設計 : 高橋 博朗+高橋 彰子/高橋博朗建築設計事務所
施工 : ヨリフジ建設

多彩な趣味を持ち、活発に暮らす家族4人のための住宅。日本家屋のポテンシャルを生かして、深く張り出す軒の下に大開口を取り、庭とリビングとの一体感を高めている。内部には、吹き抜けのリビングを囲んで、家族それぞれの居場所が配置されている。南北面の大きな開口からの通風で、夏はほとんど冷房を使わずに生活しているという。

審査講評

人と人とのつながりや、環境のあり方も含め、極めてオーソドックスな日本家屋の利点を、素直に追求している。住まい手のコメントによれば、友人も巻き込みながら楽しくて活気のある暮らしが展開されており、その設計が成功していることがわかる。

DATA

所在地 : 兵庫県たつの市
家族構成 : 夫婦+子ども2人
敷地面積 : 203.56m2
建築面積 : 75.69m2
延床面積 : 124.60m2
構造・階数 : 木造、地上2階
完成 : 2009年10月
主な設備 : エコジョーズ

Photo : 日暮 雄一

 


旭川の家

設計・施工 : リフォームのヨシ

築35年の2階建て木造住宅を高気密・高断熱化し、内装を全面リフォームした。ガス温水暖房機1台で全館暖房することを前提にQ値(熱損失係数)を計算し、開口部の熱損失や透湿抵抗などを考慮。改修前の冬は、暖房機の周囲に限られた生活スペースを、改修後は家全体に拡張し、しかも暖房費を大幅に低減させた。給排水にサヤ管を用いるなど、将来のメンテナンス性にも配慮している。

審査講評

これまでにも断熱改修の事例はあったが、この住宅では、実際に温熱環境を測定して確認している。当たり前のことだが、改修による効果の確認は広く実施されるべきなので、その好例として評価したい。

DATA

所在地 : 秋田県秋田市
家族構成 : 夫婦
敷地面積 : 160m2
建築面積 : 67.92m2
延床面積 : 97.73m2
構造・階数 : 木造、地上2階
建設年 : 1976年
改修時期 : 2010年2月
主な設備 : エコジョーズ

Photo : 加賀谷 仁志


ウィンドウを閉じる