過去受賞作品

第6回「あたたかな住空間デザイン」コンペティション

開催概要

審査員

阿部 勤氏 (建築家・日本大学芸術学部非常勤講師)
石山 修武氏 (建築家・早稲田大学理工学部教授)
沢田 知子氏 (文化女子大学教授造形学部長)
國富 隆氏 (東京ガス(株)常務執行役員リビング営業本部長)

生活者特別審査賞審査員

クニエダヤスエ氏 (テーブル・コーディネーター)
間野 実花氏 (料理研究家)
依田 邦代氏 (『プラスワンリビング』編集長)

入選作品

●新築の部 最優秀賞(1名)優秀賞(1名)入賞(5名)特別賞(6名)
●リフォームの部 最優秀賞(1名)優秀賞(1名)入賞(3名)特別賞(6名)生活者特別審査賞(5名)

主催

東京ガス株式会社

共催

大阪ガス株式会社

後援

(社)大阪建築士事務所協会/(社)空気調和・衛生工学会/(財)建築環境・省エネルギー機構/住文化研究協議会/(社)新都市ハウジング協会/東京インテリアプランナー協会/(社)東京都建築士事務所協会/(社)日本ガス協会/(社)日本建築家協会関東甲信越支部/(社)日本建築家協会近畿支部/日本床暖房工業会/(財)ベターリビング/(社)リビングアメニティ協会

企画協力

リビングデザインセンターOZONE

応募作品要項

応募期間

2003年9月1日(月)~2003年11月30日(日)

応募作品

〈新築の部〉・・・・・新築の戸建住宅・集合住宅
〈リフォームの部〉・・住宅リフォーム(戸建・集合住宅を含む)
●2002年1月1日以降に竣工した住宅に限ります。
●温水式床暖房を組み込んでいる住宅に限ります。
●住宅展示場、モデルハウスは対象外とします。
●一人何点でも応募可とします。
●建て主(および住み手)が応募することを承諾しており、かつ受賞した場合に取材協力していただくことを条件とします。

作品展開催概要

パート1

会期 2004年2月4日(水)~7日(土)
開館時間 10:00~18:00
会場 新宿パークタワー3F 特設会場
〒163-1062 新宿区西新宿3-7-1

パート2

会期 2004年3月4日(木)~3月30日(火)
開館時間 10:30~18:30 水曜日休館
会場 リビングデザインセンターOZONE6F
〒163-1062 新宿区西新宿3-7-1

パート3

2003年4月以降関西地区にて開催予定

審査結果発表

新築の部 最優秀賞 「メガタ」 小泉 雅生 小泉雅生/C+A
優秀賞 「北向傾斜住宅」 三分一 博志 三分一博志建築設計事務所
入賞 「teshihouse」 納谷 学+納谷 新  納谷建築設計事務所
「谷和原の家(やわらの家)」 直井 克敏+直井 徳子  直井建築設計事務所
「セライ(小さな家)」 大野 明彦 室内楽
「長浦の家」 服部 信康 服部信康建築設計事務所
「やわらかなあたたかさ」 塚田 修大 塚田修大建築設計事務所
特別賞 「呑川の家」 浪崎 文彰 (有)建築デザイン建匠
「二軒家アパートメント」 木下 道郎 木下道郎ワークショップ
「GAP」 二宮 博+菱谷 和子 (有)ステューディオ2アーキテクツ
「芦屋HY邸」 伊東 正市 (有)ものづくり伊東設計工房
「101番目の家」 竹原 義二 無有建築工房
「white cube」 庄司 圭介 庄司圭介アトリエ一級建築士事務所
リフォームの部 最優秀賞 「Hマンションリフォーム」 高安 重一+川上 堅次 (有)アーキテクチャー・ラボ
優秀賞 「老母のためのワンルーム」 田代 純 田代純建築設計事務所
入賞 「心地よい上質な住まい」 関 洋 セキデザインスタジオ
「終の住処へ-築25年目のリフレッシュ」 加部 千賀子 (株)ビラ・プランニング
「大坂町屋リフォーム」 西濱 浩次 (株)コンパス建築工房
特別賞 「光と緑のあふれる暮らし」 平野 敏之 (株)平野敏之建築研究所
「見つけた!書斎コーナー」 田伏 純子 東京ガスハウジング(株)
「木のぬくもりを感じられる空間」 安部 敦子 大成リビングライフ(株)城北店
「優しいバリアフリーな空間」 目片 安子 (株)かつらぎ草津営業店
「”リゾート気分をお家で楽しめる”」 尾張 数利 (株)マツダ
「素肌で感じるぬくもり空間」 竹田 好宏 (株)東急アメニックス奈良店
生活者特別審査賞 「豊中の住宅」 清水 正勝+清水 麗子 清水正勝建築研究所
「土間のある家」 谷口 麻里子+渡辺 誠 タニグチアトリエ+NOA Ltd.
「舟の家」 森下 修 (株)森下建築総研
「心地よい上質な住まい」 関 洋 セキデザインスタジオ
「Hマンションリフォーム」 高安 重一+川上 堅次 (有)アーキテクチャー・ラボ